資産運用としてのドルの両替

長らく日本経済は、急激な円高によって苦しめられていましたが、2年前に政権交代してから、政府、日銀による大幅な金融緩和の効果で、金融市場に通貨円が大量に流通することで、円の価値が下がり、逆に米ドルの価値が徐々に上昇するようになってきました。またアメリカ経済も不動産価格や株式を中心にして好調な数値を継続することで、ますます資産価値としての米ドルのポジションが強まっています。世界経済を見渡してみても、アメリカの経済的な影響が大きく、今後予想されている金融緩和を終了するタイミングを世界各国が見極めております。まだ金融緩和を終了していないもかかわらず、アメリカとの関係性が強い発展途上国の間では、自国通貨の価値が下がったことで、経済的な打撃を受けている国もあります。その為、日本国内の中にも今のうちに、円から安心感のある米ドルへ両替することで、将来の家計における資産運用としての役割があるものと考えられています。



ドルを両替する時にはどこでするか



海外旅行に行く時や出張に行く時、欠かすことができないのがお金です。お金が無ければせっかくの旅行も台無しになってしまいかねません。その為、十分なお金を準備しておくことが大切です。日本で使用されているお金は円ですが、このお金のまま海外に行っても使用することができません。まず、お金が違うからです。その為、両替しておかなければなりません。例を挙げるならば、旅行先でお馴染みのアメリカではドルが使用されています。このドルにするためには、円をドルに両替しておく必要があり、国内でも海外でも行うことが出来ますが、日本語が使用出来る日本で行っておくとスムーズに済みます。両替するには銀行に行き、どのくらい替えるのかを銀行員に伝えます。そして依頼すると行うことが出来ます。書類などを書かなければならないため、時間に余裕を持って行くことがお勧めです。



資産を増やすためにドルを持つなら両替がよいのか



ギリシャショックやリーマンショックなど為替を動かす要因は沢山あります。実際に外貨で資産を増やそうとしたときに現金で両替をしたほうがいいのか、それともFXなどの商品で外貨を持ったほうがいいのかどちらがお得になるのでしょうか。実際の現金でドルに両替をするとなるとどうしても手数料が高くなってしまいます。しかしその点FXなら実際に現金を持つことは出来ないですが、手数料はとても安くなります。短期間で何回もドルに買えることが可能になってきます。しかし信用という点では現金よりも劣ってしまいます。両者共に一長一短がありますが、手数料の点から見るとFXの方がお得に外貨を運用することが出来ます。多少のリスクはとるつもりで外貨の運用を考えるならFXという手段を考えてみても良いのではないでしょうか。少しリスクをとることで将来の不安が解消されることでしょう。